【新卒】の社会人が読むべきおすすめの本8選

【会計】簿記の目的とは何か?

簿記の目的とは何か?

簿記を行うのは2つの目的があります。

  1. 一定期日の貸借対照表」によって「財政状態」を明確にするため。
  2. 一定期間の損益計算書」によって「経営成績を明確にするため。

目的はこの2つです。これらを財務諸表と呼びます。

この2つが明確化することによって、

企業は、

  • 過去の経営活動について反省することが出来る。
  • 将来の経営について計画が立てられる。
  • 結果的に企業の利益獲得と維持と発展に繋げられる。

となります。

そのために企業は日々経営活動を帳簿に記入していかなければいけません。

まとめ

  • 簿記は一定期日の「貸借対照表」によって「財政状態」を明確にするためと、一定期間の「損益計算書」によって「経営成績」を明確にするために行う。
  • 「財政状態」と「経営成績」が明確になれば、経営活動についての反省や将来の計画が立てられ、企業の利益獲得と維持と発展に繋げられる。

参考書籍:日商簿記3級課程 商業簿記 テキスト

大原の簿記テキストはおすすめです。







いつもシェアいただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA