【新卒】の社会人が読むべきおすすめの本8選

【簿記】会計期間とは何か?

会計期間とは何か?

会計期間とは、貸借対照表や損益計算書を算出するために必要な、

企業活動を一定期間で区切った1期間のこと。

です。

すごく簡単ですよね。もう少し深堀りしましょう。

会計期間のスタートと間とゴール

会計期間のスタートと間とゴールにはそれぞれ名前があります。

  1. 期首:会計期間の開始日のこと
  2. 期中:会計期間の期首から期末までの間のこと
  3. 期末:会計期間の終了日のこと

となります。

通常は通年1年がベース

  • 1月1日〜12月31日:暦年。こちらは個人での企業に多い
  • 4月1日〜3月31 日:株式会社は任意に定めることが可能

通常はこの会計期間が1月から12月までの1年ですが、株式会社はこれを任意に決められるので、4月開始の3月末締めなど設定できます。

まとめ

  • 「会計期間」とは貸借対照表や損益計算書を算出するために必要な、企業活動を一定期間で区切った1期間のこと。
  • 会計期間には期首(会計期間の開始日のこと)・期中(会計期間の期首から期末までの間のこと)・期末(会計期間の終了日のこと)の3つが存在する。
  • 通常は通年1年がベース。株式会社はこれを任意に決められるので、4月開始の3月末締めなど設定できる。

参考書籍:日商簿記3級課程 商業簿記 テキスト

大原の簿記テキストはおすすめです。







いつもシェアいただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA