【体格が小さい】低身長・小柄なホームランバッター3選

身長が低くてもホームランが打てるのか?

オスカー

身長が低いけどホームランって打てるのかなニャ?

  • 身長が170cm無いけどホームランは打てるのか?
  • 体が大きくないがホームランは打てるのか?

こんなお悩みを抱える方は多いのではないでしょうか。

そんな方へ本日は3人の有名なホームランバッターをご紹介します。

全員170cm以下です。

 

門田博光 170cm

通算:567本塁打
身長:170cm

私がまず挙げたい小さなホームランバッターと言えば、門田選手でしょう。

私は高校時代に以下の書籍を読んで門田選手のことを深く知りました。

飛距離を飛ばすために足を大きく上げて、遠心力で飛ばす打法は小さい選手には参考になるでしょう。

森友哉 170センチ

高校通算:41本塁打
甲子園通算:5本塁打
プロ野球通算:83本塁打(2020時点:7年)

ホセ・カルロス・アルトゥーベ 167.6cm

MLB通算:133本塁打(2020時点:10年)

メジャーで一番背が小さい選手のようです。

まとめ

こうみると167~170cmでもホームランバッターはいるものですね。

野球も年々科学的になってきています。

身長が低い選手でも自信になりますね。

参考書籍

 







この記事をSNSでシェアするには以下リンクから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA