【ボクシング】小柄なインファイターはタイソンよりもファン・ディアス(Juan Diaz)を参考にすべき理由

ファン・ディアスとは?

身長は165cm。
フルラウンド打ち続けられるスタミナ。
多彩なコンビネーション。

小柄なインファイターの模範と私は思っているのがかつてライト級で3団体統一王者にのし上がったチャンピオン、ファン・ディアス(通称:ベイビーブル)です。

あのアセリノ・フレイタスの勝ったのを堺に連勝を続け、当時ライト級で連勝を続け統一王者になります。
ライト級ではかなり小柄。
しかし、その突進力と回転力の速い連打とスタミナでKO率は低いものの、2000年代前半当時は負けないチャンピオンでした。

【ボクシング】インファイターになりたいならタイソンよりもファン・ディアス(Juan Diaz)を参考にすべき理由

出典:https://boxrec.com/media/index.php/Juan_Diaz

正直私はインファイトを学ぼう・上達させようと思っているならタイソンもいいですが、ファン・ディアスをおすすめします。特に、

  • 小柄
  • インファイター向き
  • 突進力がある
  • 筋肉が発達している

などのインファイターとしての優位点があるのであればなおさらです。

まず、そもそもタイソンとファン・ディアスは階級が異なります
もしあなたが軽量級・中量級であれば、やはり重量級の動きとはだいぶ変わってくる部分が出てきます。

軽量級では、

  • スピード
  • 試合展開の速さ
  • 手数の多さ

このような要素が重要視されます。
よって、ファン・ディアスのボクシングを参考にすることで、軽量級のインファイターが参考にすべき動きが学ぶことが出来ます。







この記事をSNSでシェアするには以下リンクから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ジュタカ

海外駐在員として、アジアで働いております。当ブログでは、「世界」をテーマに仕事や旅行情報を個人の体験談を交えながら発信しております。また、「タイ」と「ボクシング」が好きでこの分野の情報も多いです。

【趣味】ボクシング、旅行
【好きな国】タイ、香港・澳門

詳細プロフィールはこちらから