ボクシングのラウンド数と時間について

ボクシングのラウンド数と時間は?

基本的にテレビ中継される世界タイトルマッチでは1ラウンド3分の合計12ラウンドになります。

※ラウンドの間の休憩(インターバル)は1分です。

たいていプロの選手は4回戦からキャリアがスタートします。

では、4回戦でも12ラウンドやるのかというとそうではありません

4回戦選手(C級)の場合は4ラウンドになります。

6回戦(B級)では6ラウンド、8回戦(A級)では8ラウンド、10回戦では10ラウンドです。

国内の日本タイトルマッチはこの中の10回戦になります。

逆に海外の東洋太平洋(OPBF)は12回戦に含まれます。

4回戦 4ラウンド C級
6回戦 6ラウンド B級
8回戦 8ラウンド A級
10回線 10ラウンド 日本ランカー
世界戦 12ラウンド 世界ランカー

表にするとこういったかたちになります。

 

アマチュアボクシングではどうか?

今お話してきたのはプロの話ですが、ではアマチュアではどうなのでしょうか。

アマチュアでは、小学生:1分30秒を3ラウンド(女子も同様)

中学生:2分3ラウンド(女子も同様)

ジュニア(15歳以上18歳未満):2分3ラウンドです。(女子も同様)

シニア(18歳以上34歳):1ラウンド3分の3ラウンドです。(女子も同様)

(※2017年に2分4ラウンドから男子と同じ3分の3ラウンドへ変更。)

小学生 1分30秒 3ラウンド
中学生 2分 3ラウンド
ジュニア 2分 3ラウンド
シニア 3分 3ラウンド

表にするとこんな感じになります。

基本的には3分3ラウンドと考えておけばいいでしょう。

 

いつから15ラウンドから12ラウンドになったのか?

ボクシングで15ラウンド制度が採用されたのは1930年頃になってからの話です。

19世紀は50ラウンドにも及ぶ試合もあったといわれています。

では15ラウンドから12ラウンドになったのはいつでしょうか。

WBAは1987年、WBCでは1983年にルールが変わっています

その要因は韓国人ボクサーのキム・ドゥック選手の世界戦の事故がきっかけだとされています。

この事故を境にそれまで15ラウンドで行われていた世界タイトルマッチが12ラウンドに変更短縮されたそうです。

(出典:金得九 wikipedia

 

ボクシングの試合時間はどのくらいか?

3分12ラウンドで36分。

これに各ラウンド1分のインターバルがありますので、プロでは合計47分ということになります。

アマチュアでは、3分3ラウンドなので9分。

これにインターバルが同様に1分あり、アマチュアでは合計11分ということになります。

 

参考サイト







この記事をSNSでシェアするには以下リンクから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ジュタカ

海外駐在員として、アジアで働いております。当ブログでは、「世界」をテーマに仕事や旅行情報を個人の体験談を交えながら発信しております。また、「タイ」と「ボクシング」が好きでこの分野の情報も多いです。

【趣味】ボクシング、旅行
【好きな国】タイ、香港・澳門

詳細プロフィールはこちらから