【ボクサーの収入】プロボクシング世界チャンピオンたちの収入はいくらくらいなのか?

世界チャンピオンの収入

アンニック
昨日たまたまアメリカのボクシングの試合をネットで観たんだけど、向こうは凄いわね。大きなお金が動くのよね。そういえばチャンピオンって沢山いるじゃない?平均どのくらい収入をもらっているかしら。
ジュニア
そうだな、ボクシングの世界チャンピオンたちはどれだけの収入を得ているかは気になるところだと思うよね。ではこの際説明しておこう。
格闘技、特にボクシングで食べて生きたいと考えているのであれば参考までにご覧下さい。

収入はピンキリ!格差が凄い

ジュニア
結論からいうと、ボクシングチャンピオンとの得ている収入はピンキリだということだね。

少ないチャンピオンであれば数百万~1千万円、
本場アメリカなどで超人気なチャンピオンであれば、一試合で20億円~100億円くらいもらっておられます。
そのふり幅はもうすさまじいです。
その要因は・・・

  • 人気度合い、注目度
  • スポンサー、CM、テレビ出演などをしているかどうか

人気度合いというのが非常に重要になってきます
ボクシングはエンターテイメントですから当然人気がなければ収入が低いのはイメージできるかなと思います。

 

人気がない=視聴率が集まらない&チケットが売れない=お金にならない

つまり、ただチャンピオンになるだけでなく、
どんなチャンピオンになるかで収入も変わってくるということになりますね。
チャンピオンの中には、試合前にあえて悪役を演じたり、ビックマウスと呼ばれるように「KO宣言」したりしてメディアの注目を集めます。(※チャンピオンたちはあえてそうやっています。)
結果、それを見た視聴者は注目したくなりますよね?
すると当然視聴率も良くなります。試合に行って観たいという気持ちにもなるでしょう。
つまり、強いというのはチャンピオンでいる以上当然のことですが、それにプラスアルファで、注目されるような要素や演出をしているチャンピオンの方が収入は良くなるということになります。

 

有名世界チャンピオン収入例

ジュニア
では具体的にどれだけもらっているでしょうか参考をご紹介したいと思います。
  • フロイド・メイウェザー:(パッキャオ戦で)一試合最高200億円
  • マニー・パッキャオ:(メイウェザー戦で)一試合最高100億円(アベレージ20億円)
  • ファン・マヌエル・マヌケス:(パッキャオ戦で)一試合5億円

↓以下日本の歴代の有名世界チャンピオン

  • 畑山隆則選手:(ライト級世界防衛戦で)一試合5000万円
  • 井岡弘樹選手:一試合4000万円
  • 辰吉選手:一試合5000万円
  • 内山高志選手:一試合2000万円
ジュタカ
日本の選手とアメリカの選手では一試合でもらえる金額がケタが違うようだね。こう見ると日本人チャンピオンが1億円超えることは珍しいようだ。
ジュニア
そうだね、やはり世界のトップ選手は本場アメリカラスベガスに舞台を移す選手は多いよね。アメリカで試合をした方が注目されるし、もちろんプロモーション会社との契約金額が違うからな。もしチャンピオンとしての実力があり、アメリカンドリームを掴みたいならアメリカに自分を売り込んでいくこともが大事かもしれないね。

本場アメリカではPPVシステムがメジャー

アンニック
でもなんでここまで収入に開きがあるのかしらね?だってチケットが売れるのと、テレビ中継されたりするのは日本だって同じなんでしょ?それで数千万と数十億じゃあ違いがありすぎでしょ。
ジュニア
いいところに目を付けたね。そうなんだ、これがボクシング長者を生み出すカラクリなんだけど、日本ではまだまだ馴染みがないシステムPPVがあるからなんだ。

PPVとは?
有料テレビ方式で、視聴番組の本数や時間で料金を支払うシステム。PPV方式。
出典:デジタル大辞泉(小学館)

ボクシングの本場アメリカとその他の国ではチャンピオンの収入に大きな開きがあります。
アメリカで活躍する有名プロボクサーは一試合数億円とはざらですが、その他の国ではそこまでいきません。
アメリカではペーパービュー[pay per view]システムというものを採用しています。
つまり、一試合で数十億円も手に出来るのは、このペーパービューシステムがあるからに他ならないのです。
人気のある試合には皆お金を出してでも観たいと思います。
だからこそ人気の選手がお金を手にする仕組みができあがっています。

また、アメリカには、プロモーターと呼ばれる試合の興業者がおり、
彼らがTOP選手とプロモート契約し、お金になりそうなマッチメイキングを常に狙っています。
そして、アメリカラスベガスなどで試合をします。
有名選手・人気な選手・選手がよりお金を手にする仕組みができています。

ジュニア
視聴者は試合を観るためには数十ドル支払う仕組みができているんだね。例えば先日当メディアでも取り上げた、メイウェザーとコーナーの試合のPPVは一試合100ドルくらいだったでしょ?それを支払わなければ試合を観ることはできない。

出典:www.nydailynews.com

アンニック
なるほど、この収入モデルの違いが大金を生んでいたのね。
ジュタカ
日本でも今後はこの仕組みが導入されていくだろうけれど、まだまだ馴染みはないよね。試合はだいたいは地上波などで普通に観れてしまうし。

こちらがPPVシステムでアメリカンドリームを体現したセレブボクサー「フロイド・メイウェザー」です。
移動はプライベートジェット、チップには数百ドル!?、自宅には映画や、プール、服や豪華なアクセサリーや高級車の数々があります。

ジュニア
まるで映画の世界のようだね笑

 







この記事をSNSでシェアするには以下リンクから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ジュタカ

海外駐在員として、アジアで働いております。当ブログでは、「世界」をテーマに仕事や旅行情報を個人の体験談を交えながら発信しております。また、「タイ」と「ボクシング」が好きでこの分野の情報も多いです。

【趣味】ボクシング、旅行
【好きな国】タイ、香港・澳門

詳細プロフィールはこちらから