オランダはなぜ日本よりも年間300時間も労働時間が少ないのか?オランダの労働生産性や法律について

オランダの労働事情について

レベッカ
あらミスター・リー、まだ残っているの?
ミスター・リー
ああ、レベッカか。ちょっとこの前の取材をまとめてなくてね。もうちょっとやってから帰るよ。
レベッカ
OK
ミスター・リー
そういえばオランダって残業事情とかどうなんだい?

 

残業禁止大国、オランダ

レベッカ
そうねえ、オランダはサービス残業という考え方はないわ。残業そのものが法律で禁止されているの。

オランダはOECDの加盟国でもっとも労働時間が短いとされている。

レベッカ
あとオランダはワークシェアリングといってひとりあたりの労働時間を減らして、雇用を増やそうという政策をずっとやってきたの。これで大きく失業率が下がったと言われているわ。
ミスター・リー
労働環境などに関してはずっと先を行っている気がするね。
レベッカ
それだけじゃないわよ。土日以外に平日も1日休む「週休3日制」っていうのがあるの。子供のいるひとは結構やっているわよ。オランダ人は家族を大事にしているから、仕事が終わったら直帰して家に帰るというのがふつうね。
ミスター・リー
聞いた話だけど、副業を制限するルールがなかったり、正社員とパートに格差がないとか、具合が悪ければ無条件・無期限で休めるらしいね。
レベッカ
そうね。

労働時間の少ないオランダ

経済協力開発機構(OECD)の調査では、日本の年間労働時間は、平均1745時間(2012)だということです。
そして、なんとオランダは1384時間!300時間くらい少ない計算になります。
また労働生産性のGDPはオランダが世界9位、日本が18位(2012)というデータになっています。

ミスター・リー
我が国と比べると労働時間が短くて長時間労働もない、しかも生産性が高いデータが出ている。これについては今後も考えていきたいね。

 







この記事をSNSでシェアするには以下リンクから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ジュタカ

海外駐在員として、アジアで働いております。当ブログでは、「世界」をテーマに仕事や旅行情報を個人の体験談を交えながら発信しております。また、「タイ」と「ボクシング」が好きでこの分野の情報も多いです。

【趣味】ボクシング、旅行
【好きな国】タイ、香港・澳門

詳細プロフィールはこちらから