【まだ間に合う】30代彼女いない歴= 年齢という方へ贈る彼女の作り方!三つの行動原則

30代彼女いない歴= 年齢という方へ

10代周りにはまだまだ彼女はいない人間が多かったので
焦りはなかった。

20代、まわりは皆彼女をつくりはじめて結婚する人間もいた。
しかし、結局彼女はできなかった。

30代あれよあれよという間にこの年齢まで彼女がいない・・
周りはもうすでに第二子がいる。
やばい・・・汗

という方は多いのではないでしょうか。
仕事柄なかなか女性に接するきっかけや出会いがない場合、それこそそういうケースもあるでしょう。

  • 個人的には服装や見た目は気をつけているし、女性には優しくしているつもり。しかし、全く彼女ができない。。
  • 彼女をつくるにはどうしたらいいのかわからない。
  • 何がなんでも彼女をつくりたい。
  • 自分は恋愛に向いていないのだろうか
  • 一度でいいから恋愛をしてみたい

本日はそんな30代を超えた彼女をつくったことのない男性方へ向けて特別に筆を下ろしました。
この記事を読めば確実に今よりも一歩も二歩も彼女ができる確率は上がると思います。
知っていると知らないでは圧倒的な差があるためです。

私も色々と二十代は苦労した時期があり、恋愛に関しては完全な苦労人と呼べると思います。
20代はとにかく失敗に失敗を重ねました。
プライドがズタズタになったこともありますし、振られて涙を流したことも数知れず・・
そんな中で培ったり学んだ経験を共有できればと思います。

彼女をつくるための本質

巷には数多くの恋愛ノウハウが出回っています。

  • ファッションセンスをよくする
  • 毎日早起きしよう
  • ポジティブになろう
  • 女性の前では良い聞き役になろう

とか・・
確かにこれは大事なことなんですが、本質は違うと考えています。
いくらこれを努力しても残念ですが彼女はできないでしょう。
それはあくまでも、人としての土台であって、彼女をつくる方法ではないためです。

彼女がいない男性が彼女をつくるために決定的にやらなければいけないことは
もっと別のところにある

それはもっとシンプルですが、少し勇気がいることです。
でも大丈夫です。
それに気づけただけでも今よりも一歩前に進んだことになるのですから。

周りの意見は聞かなくていい

あなたは彼女ができないことを周りの友人や先輩に話したことはありますか?
その際にこう言われたりはしませんでしたでしょうか。

  • あんまり焦るなよ。焦ってもうまくいかないぞ
  • あんまりがっつきすぎはだめよ。嫌われるからね

はっきりってこういう意見は気にしなくて良いです

彼女がいなくて焦るのは当たり前です。
愛に枯渇している人間が愛を求めるのは自然な行為です。
あなたは飢えているのですからむしろもっとがっつくくらいでちょうどいいくらいでしょう。

草食系が何もしなければただの草食系で終わります。

草食系だからこそ肉食系にならなければいけません。

【本題】彼女をつくるため必ずやってほしい「行動」3原則

前置き失礼いたしました。
さっそく本題に入っていきたいと思います。
行動しなければいけないのは分かっているが何をすればいいのかわからないという方は多いですよね。

冒頭でも申しましたが、彼女をつくるためにとるべき効果的な行動は以下3つです。
シンプルです。
では見ていきましょう。

ステージ1、「誘う」という行動

まずは誘う。
これは頑張るとか頑張らないとかそういうレベルではなく、
「誘う」という行動を繰り返して下さい。

これは同性を誘うのに慣れていない人は女性を気軽に誘えはしませんので、
まずは練習を繰り返して下さい。

最初から一対一が難しければまずは、複数人で集まるから来ませんか?という形でさそう。
何度か気心知れたら一対一で誘います。

ポイントは一度断られても定期的に何度も誘うことです。
相手にはタイミングがあります

準備というものがあるように、心の準備、時間の準備色々な要素が絡みあっています。
断られたとしても決してあなたが嫌いだと思わないようにしましょう
相手は都合が悪かっただけと思うことです。

ステージ2、時間をシェアする

誘うことができればあとは同じ時間を共有しましょう。
相手のことを知り、自分のことを知ってもらいましょう。

ここでのポイントはあなたという人間性を知ってもらうことです

  • 思った以上に話しやすいんだこの人
  • 優しいひとなのね
  • 私のことが好きなのかしら?
  • 一緒にいて楽しい人ね

こういう良い印象を持たれるようにしてください。
口下手でも構いません。
大事なのは一生懸命さや人間性を伝えること。
それは言葉だけでは伝わりません。

ステージ3、告白をする(コクる)「恋の坊主めくり」

ここが一番大事なポイントです。
彼女をつくるために一番やるべきところがここであり、
一番勇気がいるところでもあります。

一番大事なプロセスが告白です。
学生の時もそうですが、
基本は社会へ出てからも同じです。
相手に想いを伝えなければ関係は始まらないのです。

これを私は恋の坊主めくりと勝手に呼んでいます。
正直、めくってみなければ相手の気持ちはわかりません。
どれだけ相手は自分のことを好いてくれていると思っても、
恋愛対象ではないとか、実は好きな人がいるとか、色々な理由で坊主を引くこともあります

あなたの引いた恋の坊主めくりで坊主ではなかった場合、
あなたは彼女を獲得できるのです

坊主を引いてしまったら次の札を引きに出かけましょう

つまりは、ステージ1〜2はこの告白をするための前哨戦だと思って下さい。
彼女をつくるための最終プロセスがこのコクるです。

超重要ポイント
人生で気になる女性がいたら必ず恋の坊主めくりまでやってください。
これを自分の人生の日課としてください。
たいてい彼女ができない人の多くはこの恋の札をめくってすらいないです笑
好きな人や気になる人ができたらさっさとめくってしまうことです!

理想の彼女より現実の彼女をつくろう

以前ある番組で林修先生が彼女の作り方についてこう話していました。

いいか、お前らに彼女の作り方教えるよ。
大事なのは好きになった人を振り向かせることではなくて、
自分のことを好きなってくれる女性を探すことだよ。
例えば福山雅治のような人がいたら10人中そのうち7人か8人は
簡単に好きになると思うよ。
けど君や僕の場合は(福山雅治とは)違う。
10人のうち1〜2の自分に興味を持ってくれる人を探すんだ。

こんなようなニュアンスのことを話していました。

ここで大事なポイントは、
自分のことに興味を持ってくれる女性、
自分のことを気にしてくれる女性に絞れということです。

彼女ができない人ほど高望みをしていたりします。
そうではなくて、大事なのは理想の彼女よりも現実の彼女です
地に足がついた考え方こそ彼女をつくるために非常に大事な考え方となります。

もしあなたが彼女がなかなかできない場合、
高望みしすぎている可能性があるかもしれません。
とことん現実的な考え方をしてください。

女性を選ぶ上では、
「こんなもんかな」という妥協はめちゃくちゃ大事です

容姿も大事ですが中身はもっと大事。
家庭的であったり、優しかったり、外見だけでばく良いところを見るのです。

ステージ1の誘うことすらできないという方へ

そういう方はどうしたらいいでしょうか。

究極のスキルアップ方法はナンパ

私がおすすめしたいのは、ナンパです。
少しハードルが高いと思うかもしれませんが、
実は一番ナンパというのが自分の女性に対する臆する気持ちを克服できる練習なんです。
これは実際に実感としてあります。

これをすることで圧倒的にストレス対処能力が身につきます。
対女性に対する臆する気持ちや、誘うことをためらう気持ちや、後ろめたさがすっとなくなりフットワーク良く
女性を誘えるようになるのです。

けど安心してください。
あなたがよっぽどかっこいいとか有名とか口がうまいとかでないかぎり
殆ど失敗に終わります
数十回に一回お茶や食事にお誘いできれば良い方でしょう。
ナンパとはそういうものです。

目的は失敗の数と経験値+ストレス対処能力向上

じゃあ何でやるのか???
目的はあくまでも彼女をつくるためです。
これをすることで数多くの失敗を短期間で経験できるという目的があります。

普通に生活していて女性の出会いがなければ、
失敗の数が増やせないのです。
失敗がゴールではありませんが、失敗がなければ成功もありません。
逆説の考えです。

失敗が増えて女性を誘うという行動に対して経験値がつけば、
ストレス対処が上がり、結果好きな人をさそうのが非常に楽になるのです。

今までこんなにもメンタルブロックがっかっていたのに、
こんな簡単に誘えちゃったよとそういう感じになります。

彼女を作るためのプロセスまとめ

  1. 誘う
  2. 同じ時間を過ごす
  3. 告白「恋の坊主めくり」

この三つだけです。
3つめの恋の坊主めくりあとは相手がきめることです。







この記事をSNSでシェアするには以下リンクから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ジュタカ

海外駐在員として、アジアで働いております。当ブログでは、「世界」をテーマに仕事や旅行情報を個人の体験談を交えながら発信しております。また、「タイ」と「ボクシング」が好きでこの分野の情報も多いです。

【趣味】ボクシング、旅行
【好きな国】タイ、香港・澳門

詳細プロフィールはこちらから