幸運とは準備している人に訪れる必然

幸運=ラッキー
これはよく世の中で言われることです。

あの人はラッキーだっただけだ。
あの人はついているだけだ、だからうまくいったんだ。

というように、幸運という言葉がどこか
宝くじに当たった「偶然の産物」のように捉えられがちです。

本当にそうでしょうか。

ここでご紹介したい本があります。
全世界でベストセラーになった本『グッドラック』です。

短時間で読める寓話のような本なのでぜひ読んでみてください。
下手なビジネス書を読むよりも気づくことが多いかもしれませんよ。
ちなみにこの本の中にはこの幸運についてのお話が具体的に書かれています。

■幸運は準備する人に訪れる機会である

幸運というものは何もしていない人のところには訪れません。
グッドラックの中で語られることも簡単に言えばこのようなことなのですが、
これは実際にはとても大事なことです。

簡単な例えで言えば、
アメリカで仕事がしたいAさんとBさんがいたとします。

Aさんはアメリカで仕事をすることを現実にするために本気で準備をします。
Bさんはアメリカで仕事をしたいと切望するだけで準備はしなかったとします。

Aさんは仕事が終わった後に、英語の勉強をしました。
TOIECを受けたりして自分の英語力を伸ばしていったのです。
カフェに立ち寄って、リスニングと単語を覚えます。
休日は外国人の集まるバーに足を運んだり、スカイプを通じての会話練習などをしました。
その反面Bさんはどうでしょうか。
Bさんは仕事が終わっても何も行動を起こしませんでした。
どうせ英語はネイティブと話さなければ習得できないスキルだと諦めていたのです。

ある日、AさんBさんの勤める会社でアメリカの支店に人を募集していることが伝えられます。
二人は応募し、面接の流れになりました。
面接者からこう聞かれます。「アメリカ勤務をするために何かやってきたことはありますか」
Aさんは具体的に自分が歩んできたプロセスと実際にその証明となるTOIECの点数を見せ、情熱を伝えます。
Bさんは何も具体的なことはしてこなかったので特にやってきたことは話せませんでしたが、情熱だけは伝えます。

二人とも情熱を伝えた点では同じです。
しかし、さてどちらが結果的に選ばれたでしょうかということです。

■幸運のための下積み

そうやってみてみると、幸運な人には何かしらそれまでに準備してきた過去があると思いませんか。
それを「下積み時代」と呼びますが、どんな分野でも幸運を掴んでいる人にはこの下積み時代があると思います。

下積みがなくすぐに幸運を掴むということは有り得ません。
それ以上に世の中が認めません。

もし、下積みなくして幸運を掴んだとしてもそれは単なる偶然でしかないのです。
ギャンブルと同じです。
一時的なものです。
幸運とは一時的なものではなく、継続的な結果です。

■サミー・ソーサも話していた運

かつて1998年にメジャーリーグで活躍したサミー・ソーサという選手がいます。
マーク・マグワイアとのホームラン争いは歴史に残るものとなりました。
結果、ソーサは66本塁打を打ちました。
そのことについてソーサはこう話していたそうです。

「僕が66本も打てたのはラッキーだっただけなんだ。」

私は当時まだ若かったのですが、その言葉に疑問を持ったのを覚えています。
果たしてラッキーなだけで66本もホームランを打てるのだろうかという疑問です。
そして、私はソーサに興味が出て、彼の生い立ちを調べることにしたのです。

彼はドミニカ共和国という国で生まれています。
子供時代は貧しい中で家族を助けるために靴磨きの仕事を行い、金銭を稼いでいたそうです。
グローブも当然買えなかったので、牛乳パックでグローブをつくり野球をやっていたそうです。
そして、マイナーリーグから少しずつ結果を積み重ねて、メジャーの舞台に上がっていたのです。
彼は稼いだ莫大なお金を地元のドミニカに寄付しているそうです。

それを聞いた時に、ソーサが言っていた幸運というものは、
ハングリー精神に裏づけされた必然だったのだと思いました。
ラッキーだっただけで、伝説を塗り替える記録はつくれません。
その裏には必ず何かの裏づけや準備や下積みがあるということです。
彼は幸運を掴むための行動をしてきたのでしょう。
まさに上記例でいうAさんと同じ行動です。

■幸運は人が運んでくるもの

きっともしかすると私たちが気づいていないだけで
そこら中に幸運というものは転がっているのかもしれません。

人は口だけの人よりも行動している人に信頼を寄せます。

準備とは行動することです。
そういう行動をしている人のところに人は話をもってきます。

あの人なら適任だろう。
この人なら合っているだろ。

幸運とは人が運んでくるものだと思います。
あなたを見ているのは人です。
チャンスや幸運は機会です。
機会は人が作り出すものです。
もし何かの幸運を掴みたいと思っているのなら
そのための準備をしていきましょう。







この記事をSNSでシェアするには以下リンクから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ジュタカ

海外駐在員として、アジアで働いております。当ブログでは、「世界」をテーマに仕事や旅行情報を個人の体験談を交えながら発信しております。また、「タイ」と「ボクシング」が好きでこの分野の情報も多いです。

【趣味】ボクシング、旅行
【好きな国】タイ、香港・澳門

詳細プロフィールはこちらから