【彼氏を作る方法】彼氏ができない女性の特徴や彼氏ができない理由。「出会いがない」と不安になっている女性のための彼氏の作り方。

彼氏をつくりたいアラヤー

アラヤー
あ~彼氏できないな。
レベッカ
アラヤー今いないんだ彼氏。
アラヤー
そうなのよ、もう暫く2年くらいいないわ。レベッカは?
レベッカ
私も今はフリーよ笑(一緒ね) つい最近までイタリア人の彼と遠距離恋愛してたんだけどね、ちょっと色々あって別れたわ。
アラヤー
伊達男と付き合うなんてさすがレベッカね。

読むだけで明日彼氏ができる本

レベッカ
実はね、この前面白い本を見つけたの。これよ。
アラヤー
わ!そのまんま笑
レベッカ
田端さんという男性が著しているんだけど、内容を読んでみるとすごい的を得ていていい本だったわ。
アラヤー
ちょっと読んでみるわ!どんな内容だったか少し聞かせてくれる?
レベッカ
ええ、いいわ。

「モテる=彼氏がいる」とは限らない

レベッカ
この中でとても共感した考えはこちらね。

モテる、モテないだけで考えたら、モテたほういいかもしれません。 けれど、恋愛はファン投票ではありません。いろんな男性から、票をたくさん集めても、あなたが好きになれなければ、意味はないのです。1人の男性とマッチングして、彼から愛されればそれでいいと思いませんか。

レベッカ
恋愛はファン投票ではないっていうのがいいわね。彼氏をつくろうと不特定多数の男性にモテようモテようと頑張るけど、けどもし自分が好きじゃなかったらどう?逆にそんなにもてなくても一人の大好きな男性とずっと一緒にいれたらそれはそれでOKじゃない?
アラヤー
なるほど。

森三中の大島美幸さんや村上知子さんは結婚していますよね。彼女たちは、世間的には、ブスと呼ばれている人たちです。でも、結婚して、幸せに暮らしています。  その一方で、天海祐希さんや石田ゆり子さんといった美人女優でも、結婚していない人たちもいます。「またですか?」と言われてしまいそうですが、周囲を見渡してみると、こんなにキレイなのに、男性とご縁がない女性がたくさんいることに気がつくはずです。もちろん、美人は彼氏を作る上で、アドバンテージになります。これは否定できません。

アラヤー
この著者はっきり言うわね笑 ただ、言うことは正論だわ。もてるもてないは彼氏をつくって結婚することとは別のベクトルのような気がする。

で、彼氏をつくるにはどうすればいいの?

レベッカ
そこで彼氏をつくるのに大事なポイントを3つ出しているわ。
  1. 自分
  2. 他人(自分の魅せ方を変える)
  3. 環境

 

彼氏を作るためにまずやりたいこと、それは出会いがない理由を特定することです。「出会いがないって、単なる運じゃないの? 理由なんかあるの?」って、思いますよね。確かに運とタイミングの問題かもしれません。では、なぜあなたに幸運がやってこないのでしょう。その理由が見つかれば、あなたにも素敵な出会いがやってくると思いませんか。だから、出会いがない理由を見つけなければならないのです。理由さえ分かれば、対処方法も見つかります。

レベッカ
それぞれ簡単に説明すると、まずひとつめに自分がなぜ彼氏ができない=出会いがないのか理解する必要があるということね。
アラヤー
出会えない理由ね・・・。

コミュニケーションに苦手なのに、ファッションばり研究していても意味がありません。

レベッカ
例として、男の子と全然しゃべれないのにファッションばかりに力を入れてもだめでしょ?逆にコミュニケーションは問題なくても女の子としての魅力である洋服などがダサかくてもダメよね。だから彼氏と出会えない理由は何か自分の中で何かしらの答えを出すの。彼氏がいない子はここの部分を履き違えている可能性があるわね。
アラヤー
なるほど。
レベッカ
で次にアウトプットの話ね。大事なのは、まず、彼氏候補がいる場所に行くこと、そしてあなたの魅力を伝えることが大事だと述べられているわ。おそらく彼氏がいない子の特徴はここができていないのが原因の大きなところだと思うわ。

 

アラヤー
彼氏候補がいる場所ねえ・・・
レベッカ
そう、だって彼氏が欲しければ家でじっとしていても意味がないでしょ?彼氏がいる場所に行かなければだめじゃない?
アラヤー
そりゃそうね。
レベッカ
で、著者は「自然な出会いに執着しない」ようにすることが大事だと述べているわ。もし真剣に彼氏が欲しいなら、出会いのチャンネルは全て使うべきってことね。彼氏がいない子ほど何かしら理由をつけて行動しないってパターンが多いわよね。

世の中では、自然な出会いが素晴らしい、マッチングアプリ、お見合い、結婚相談所で出会うという、人工的な出会いは恥ずかしいみたいなイメージがあるようです。

結婚の7割はコミュニティから生まれている。簡単に言えば、人が集うところ、職場、学校、友人関係、趣味のグループも全て大きな意味では、コミュニティです。約7割の結婚したカップルは、結婚相手を見つけた場所として、職場、学校、友人関係といったコミュニティを上げているからです。

アラヤー
そうみてみると、自然な出会いってそもそも何って話よね笑?
レベッカ
そうね。自然な出会いを待つ=何もしないでいれば出会えるという認識になっていると思うの。でも何もしないで男が寄ってくる女って相当なものよ笑 だから自分からそういう場所を求めないといけないわよね。
アラヤー
でも私合コンとかって苦手なの。なんか一過性というか安っぽい出会いという印象が強くてさ。ヤリ目の男性ばかりなイメージがするのよね。
レベッカ
確かにそれはあるわね笑 私も合コンとか好きじゃないわ。ナンパなんてもってのほか!相手が実際どんな人かってわかりにくしね。もし身元がしっかりしているという点で探すのなら結婚相談所も方法のひとつかも。身分証の提示とかあるそうよ。

魅力には二種類あるという事実

レベッカ
あとね、凄い共感したのが魅力について書いてあったことね。

人の魅力は2種類に分けられることを知っておきましょう。一つは、誰にでもわかりやすい魅力です。例えば、スタイルがいいとか、顔がかわいいというような、一目で分かる魅力です。優しそうといった自分の持っている雰囲気もこの中に入るかもしれません。  それに対して、長時間一緒にいることでしか分からない魅力もあります。この人、実は、無愛想だけれど、友達思いの人なんだなとか、こんな難しいことも知っているのかといった魅力です

アラヤー
ここで言っているのは外見の魅力と内面の魅力のことね。
レベッカ
そうそう!出会いのチャンネルによっては外面の魅力しか伝えられない場所もあるけど、逆に言えば内面をしっかりと伝えられる場所もあるわ。もし、外見の魅力に自信がないのなら後者で出会うということね。

「私は合コンとか苦手だな」と思っていたり、「あなたは一緒にいることで良さがわかるのよね」と誰かに言われたことがあるタイプなら、コミュニティの中で、彼を見つけることをオススメします。なぜなら、あなたは長く一緒にいることでその良さが分かる女性だからです。

人工的出会い(マッチングアプリ、お見合い、結婚相談所、合コン、婚活パーティー)・・・外面の魅力を伝えやすい反面、内面の魅力は伝わりにくい。外面の分かりやすい魅力を持っている場合、こちらで探すと良い。
コミュニティ(職場、学校、友人関係、趣味のグループ)・・・時間をかけて交流するため、内面の魅力を伝えやすい。長い時間一緒にいないと魅力が伝わらない場合こちらで探す方が良い。
レベッカ
自分の魅力ってなかなか自分だとわかりにくいけど、周りの信頼できる人に教えてもらうっていうのもひとつの方法よね。

美しくあるということ

美しくありたいと思う女だからこそ、男性に愛されるのです。
だから、男性の視線を意識することはとても大事なのです。

レベッカ
当たり前のことだけど、これって本当に大事ね。タイ女性は綺麗な人多いからすごい共感できるんじゃない?
アラヤー
そうね。やっぱり男性目線になって見れば、常に綺麗になる努力をしている人って素敵に見えるみたいね。

男性はスカート姿の女性を好みます。
また女性にとっても、自分の中の女らしさや、美しさを引き出すために必要なことです。

アラヤー
これは男性目線の意見ね笑 でもそうなんだって改めて認識できるわ。
レベッカ
女性としての魅力って何だろうって考えてみると、お化粧もそうだし、服のセンスもだし、行動やふるまいも全部「女性らしさ」につながってくるんじゃないかしらね。これってさっきの外見の魅力だけど、やっぱり女磨きに終わりはないわ。

彼氏を作る上で大事なこと「心の声」

最後は必ずハートに尋ねてから決める、これが大事なのです。逆に言えば、条件がイマイチでも、ハートがオッケーを出している彼なら、お付き合いを始める価値があるとも言えるのです。

レベッカ
結婚相談所でもし、年収とか所属している会社とかで相手を選んだとするじゃない?でももしその彼が「脱サラして起業する」って言いだしたらどう?
アラヤー
んんん・・・・、相手によるだろうけど、何で結婚したんだろってなるわね。
レベッカ
でしょ、だから彼氏をつくるときもそうだけど、相手を選ぶときは最終的には心の奥の声に耳を傾けてむるのが大事だということ。もし条件を取っ払ったときに、その彼を愛せるかどうか。その人でもいいと思えるかどうか。これ重要よね。

さあ、今から出発

アラヤー
少し概要を聞いただけだけど、ちょっと彼氏がつくれる気がしてきたわ。さっそく読んでみるわ!
レベッカ
ええ、ぜひぜひ読んでみて!女性だけでなくて男性も読むことをおすすめするわ。あくまでも女性視点であかれているけど、「パートナーをつくる」視点で考えるなら男性が読んでもとても参考になると思う。






この記事をSNSでシェアするには以下リンクから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ジュタカ

海外駐在員として、アジアで働いております。当ブログでは、「世界」をテーマに仕事や旅行情報を個人の体験談を交えながら発信しております。また、「タイ」と「ボクシング」が好きでこの分野の情報も多いです。

【趣味】ボクシング、旅行
【好きな国】タイ、香港・澳門

詳細プロフィールはこちらから