ナニワ金融道1~19 読んだ感想

金融業界に入るなら必読の漫画

「お金を貸す」というビジネスはどういう仕組みで成り立っているのかを知るには非常に勉強になる漫画だと思います。
描写もコミカルで、読んでいて飽きさせない要素が満載になっています。
キャラクター設定も面白く、次にどんな展開が来るのだろうかと期待させてくれます。
金融を目指す際に難しい参考書も必要だとは思いますが、理解するという点で読むならこれを読んだ方が早い気がします。
また、この漫画では街金を舞台に描かれていますが、銀行員やクレジットカード会社を目指す方々も読んでおいた方がいいと思いました。

お金の世界では知らないということは悪

この漫画の中に手形の裏書についてなど描かれていたのですが、その中で「お前こんなこともわからんのか」的なことが良く書かれていたのですが、正直私も知らないことが沢山ありました。「連帯保証人」の怖さというものは常識として知っていましたが、この漫画を読んでそれがどれだけ怖いものなのかということも理解できました。
この金融という世界では知らないということは悪であり、詳しいに越したことはないということです。「知らなかった」では済まされない世界です。「知らなかった」「だから?」という世界なのです。結局のところ、金融や法律に関して知識・知恵を持っているものが優位に立てる仕組みになっていることが本書から学べます。

Amazon Unlimitedなら全巻読み放題

月々980円のUnlimitedなら全巻読み放題で読むことができます。
非常にお得です。

 

 







この記事をSNSでシェアするには以下リンクから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ジュタカ

海外駐在員として、アジアで働いております。当ブログでは、「世界」をテーマに仕事や旅行情報を個人の体験談を交えながら発信しております。また、「タイ」と「ボクシング」が好きでこの分野の情報も多いです。

【趣味】ボクシング、旅行
【好きな国】タイ、香港・澳門

詳細プロフィールはこちらから