バックパッカーズバイブル: ~世界を旅する前に読んでおきたい52の話~ (ジュタカ出版) Kindle版

決断したはずのことがいつまでたっても始められない時の処方箋

決断したことや目標がなかなか一日の行動の中で実行できないときに非常に苛立ちを感じる。

これだけは一日の中でやるんだ!と決めていてもなかなかできなかったりする。

そんな時感じることは多々ある。

いかに自分の規律の低さに反省すると同時に、どうやったら少しずつでも前に進めるかを考えるきっかけになる。

ではそんな時の処方箋をご紹介したい。

今日できないことはおそらく明日もできない

おそらく多分それは明日もやらないと思う。

いつかやるんだろうとは思うが、そのいつかはおそらくやってこないかもしれない。

今やろうとしていることにどれくらいの価値があり、それを続けることでどうなるのかまで考えているのだろうか。

やるべきことはなかなかできない

本当はあれをやるべきだがなかなかできないというのは

やるべきことだからに他ならない。

やるべきことという言葉の裏にはやりたくはないがやらねばだめなこと

というニュアンスがあるためだ。

身の回りのことや仕事で遅くなるとそこまでやってられなくなる。

ひとは一度に一つのことしかできない

残念ながら一日の時間は有限だし、ひとは一つのことにしか集中できない。

まずは一つの習慣を毎日続けていくことから始めていく。

大したことではなくていい。

まずはそれを一年間毎日続けてみる。

一年後にはどうなっているだろうか。

 

いっそのことをできないことだと割り切る

「いつまでたっても終わらない」

「いつまでやっても始められない」

「いつまでたっても続かない」

それはそもそもできないことかもしれない。

そんな時はこれは自分にはできないことだと割り切って投げ出すことも一つの解決方法かもしれない。

 

結局できることからしか道は開けない

わらしべ長者の話ではないが、結局できることを続けていく延長線にしか、道は開けない。

どんなに小さなことでも既にできていることがあるとは思うが、その小さな蕾を拡大させ、成長させていくことでしか本当のところ自分にできることというのはないだろう、いやそれはどの分野でも同じだ。

 

明日からこれだけは一つ継続させていく

ひとつの習慣を継続させるというのはとてもパワーのいることだ。

むなしくもなるし、やめようと思う時もあるだろう。

しかし、それを継続させていったひとだけがたどり着く場所がある。

できることを一つだけでいい。







いつもシェアいただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUT US
Jutaka運営者
タイ(バンコク・パタヤ)旅行&海外旅行&アジア生活が生きがい。18歳に初海外で濠洲→2007年ムエタイで初訪タイ→卒業旅行で3週間米国に初一人旅→ベンチャーに数年勤務→退職→世界一周1年32カ国→帰国→アジアに駐在員→現地会社経営※現在。アラサー。現在38カ国訪問。電子書籍随時。引退後はパタヤ移住が目標。