どんな分野にもメンターを持つ

ある分野において何年経っても進歩がない場合、
圧倒的に行動が足りていないケースが考えられる。
ある程度のところまではその人間の思考とやる気があれば
成長するものだと思うし、逆にそこまでいけない人間はそれまでだったと思う。
仕事においてもそうだが、人生においても、趣味においても
助言をもらえる人のそばにいるというのは有効な時間となるだろう。
人は指摘されなければ成長はそこで止まってしまう。
どれだけ自分で成長できるといえど、その背景には多くの失敗や指摘を
受けたのちに一皮むけることとなる。
一つの仕事で何年か同じことをやっていると、自分は果たしてどれくらい成長が
できているのだろうかと自問自答することになる。
その時に圧倒的に助言や指摘が少ない環境にいる場合成長は止まる。
メンターは人でなければいけないということはない。
それが本の中で出会った人かもしれないし、憧れのあの人かもしれないが、
それはどちらでもいい。
要はその人の近くにいるということが大切だ。
直に本人から教えをこう必要はないのだ。
勝手に自分で自分のメンターだと思っていればいい。
そうすれば人生のあらゆる面で自分のメンターは沢山つくれるであろう。
我流には限界がある。
守破離に沿って、まずは徹底的に学ぶことから始めることである。







この記事をSNSでシェアするには以下リンクから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ジュタカ

海外駐在員として、アジアで働いております。当ブログでは、「世界」をテーマに仕事や旅行情報を個人の体験談を交えながら発信しております。また、「タイ」と「ボクシング」が好きでこの分野の情報も多いです。

【趣味】ボクシング、旅行
【好きな国】タイ、香港・澳門

詳細プロフィールはこちらから