ハネムーンの行き先で行きたい世界の観光地9選

ハネムーンにどこに行くか?
それは新婚の人にはとてもワクワクする質問でしょう。
新婚旅行では普段取れない休みでも無理して長期で休暇をとってみたいもの。
そんな中でどこに行くかというのは重要課題です。
定番!と言われる場所であれば観光しやすいでしょうし、
普段なかなか行く機会のないヨーロッパへ行くのも面白いでしょう。
今回はハネムーン(新婚旅行)にもってこいの観光地を厳選し9つに絞りました。
ではどうぞ。

 

ドゥブロヴニク(クロアチア)

魔女の宅急便のモデルとして有名な場所。
アドリア海の真珠と呼ばれているそうです。

 

チンクエテッレ(イタリア)

イタリア北西部のリグーリア海岸にある5つの村のことです。
世界遺産に登録されています。
険しい海岸に色とりどりの家が並び、その姿メルヘンそのものです。

 

イエローナイフ(カナダ)

北極圏に近い場所で、オーロラ遭遇率が非常に高い人気エリアです。
晴れの日が多い12~4月中旬がおすすめです。
もともとはゴールドラッシュ時代に金が掘られていたことで有名な場所。
イエローナイフ=金のある場所という意味でつけられたそうです。
また、都会では決して見ることのできない星空も見れます。

 

ナポリ(イタリア)

世界三大夜景の一つです。
イタリア南部のローマ、ミラノに次ぐ第三の都市。
ゲーテは「ナポリを見てから死ね (vedi Napoli e poi muori)」と旅行記の中で語ったそうですが、個人的には何度も来たい場所です。

 

チェスキー クルムロフ歴史地区(チェコスロバキア)

世界で最も美しいと言われチェスキー クルムロフ歴史地区があります。
中世の街並みが残るこの場所はとても非現実世界へとあなたを誘うでしょう。

 

リスボン(ポルトガル)

ポルトガルはユーラシア最西端の国です。
その首都がリスボン。
以前一週間ほど滞在する機会があったのですが、
街の景観に圧倒されてしまいました。

 

エーゲ海の島々(ギリシャ)

ミコノス島・サントリーニ島は、ハネムーンには人気の高いスポットとして有名です。
美しい青と白の街並み散策は最高に楽しい場所です。

 

ハワイ(アメリカ合衆国)

観光大国ハワイ。
定番と言われればそうですが、やはり観光しやすさというのは重要でしょう。
日本人観光客も多いので安心感はありますし、
ハネムーンで来るにはベストなのではないでしょうか。

 

モルディブ共和国

海の上の水上コテージ、
プールと海が見分けられないような青一面の世界、
一生に一度は泊まってみたい場所です。
この景色どこかで一回は見たのではないでしょうか。
コテージからは直接、海水浴が楽しめるので、シュノーケルやスキューバなど
四六時中遊ぶことができます。


いかがでしたでしょうか?
厳選9つを絞り込みましたが、
これ以外にもまだまだいいところは沢山あります。
やはりハネムーンですので、
ヨーロッパやリゾート地に沢山いい場所があるように思います。
ぜひ参考にしてみてください。

 







この記事をSNSでシェアするには以下リンクから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ジュタカ

海外駐在員として、アジアで働いております。当ブログでは、「世界」をテーマに仕事や旅行情報を個人の体験談を交えながら発信しております。また、「タイ」と「ボクシング」が好きでこの分野の情報も多いです。

【趣味】ボクシング、旅行
【好きな国】タイ、香港・澳門

詳細プロフィールはこちらから