旅に出る前の恐怖をどう克服するか

一見おかしなことに思えるだろう。
旅に出るのに恐怖などあるのだろうかと。
実は世界に旅に出るというのはとても勇気がいることでもある。
それまで全く海外旅行経験がない人なら尚更である。
では、どういう心構えであれば旅に出ることができるのか、
それを今日は考えてみたいと思う。

1、人生の棚卸をする

これはどういうことかというと簡単にいえば、
人生でやりたいこと、今までの人生でやり残してきたことをとにかく書き出すことである。
まずは100個を目標に書き出してほしい。
休日の午前中、静かなカフェに行ってもいいし、自宅の部屋に籠ってコーヒーを啜りながらでもいい。とにかく自分と無言で向き合える場所を選んでもらいたい。
そして、今までの人生で自分はどう生きてきたか、これからどういう生き方をしたいかを
見つめよう。そして、もしそこで旅をすることが強いものであれば、その気持ちは大きなアクションへとつながる。

 

2、今旅に出なければ次に出ることはないと思え

もし今旅に出ようと思っているのなら、チャンスは今だろう。
人生というのは「今」という一瞬の連続で出来ていて、今しか生きることができない。明日やろうと思うことというのはなかなかやれなかったりするのはそのためだ。
時間というものは人間がつくりだした概念で、もしこの世の中に時間というものがなかったとしたら、どう思うだろうか?
そこには過去も未来もない。あるのは今だけ。
もし、今旅に出なければ次出ることはないんだという認識になることで、あなたは大きなアクションをとることができるだろう。

3、旅に出ない人生はあり得るか考えてみる

もし、あなたはずっと旅に出ないまま歳をとって人生を終えると考えてみよう。
仕事、家庭、それも幸せな人生だろう。
しかし、あなたは何か心のどこかにないだろうか?
あれ?そういえば自分の旅をしていない。
旅と人生を切り離してみて、もしそこに答えがないのなら、
あなたは絶対に後悔するだろう。
旅に出ないという人生の選択肢はあるのか自分に問いかけよう。
その答えがもし、ないのなら今すぐ荷物を纏めて旅に出よう。

 

4、人生で最高の経験を求めよ

人生で最高の瞬間とは何だろうか?
結婚か、仕事での成功か、それとも幸せな家庭を築くことか、
それとも、、、、それは人によって異なる。
あなたが考える中で世界を旅することが最高の瞬間になり得ると思えるのなら
それは大きな一歩である。
あなたの中の価値観の中に、人生最高の瞬間は旅を通じて得られるという
期待がある限りその力は旅する力となる。

 

5、旅には適齢期がある

実は人は年齢がいけばいくほど、泥臭い旅というものができなくなってくる。
これは紛れもない事実。
こんなことするならお金払おうとなる。
20代にしかできない旅があれば、30代、40代、50代、はたまた60代にしかできない旅もあるのだ。
年齢によって旅のスタイルやかけるお金は異なる。
もし、バックパック旅行の安旅を考えているのなら若いに越したことはない。

 

 

 







この記事をSNSでシェアするには以下リンクから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ジュタカ

海外駐在員として、アジアで働いております。当ブログでは、「世界」をテーマに仕事や旅行情報を個人の体験談を交えながら発信しております。また、「タイ」と「ボクシング」が好きでこの分野の情報も多いです。

【趣味】ボクシング、旅行
【好きな国】タイ、香港・澳門

詳細プロフィールはこちらから