【定番】ワードプレス(WordPress)おすすめプラグイン30選!<初心者向け>とりあえずこれは鉄板です[2021年版]

【定番】ワードプレス(WordPressWordPress)おすすめプラグイン30選!<初心者向け>とりあえずこれは鉄板です。

この記事ではワードプレスのおすすめプラグインを紹介していきます!

とりあえず鉄板プラグインは抑えているのでこれだけ入れておけば問題ないかと思います。

AddQuicktag

AddQuicktagはこのようにタグを事前に管理画面で登録しておいて、記事で選択画面から指定のタグを選べばいちいち手入力しなくてもタグを入れられるおすすめプラグインです。

AddQuicktag

 

Advanced Editor Tools (旧名 TinyMCE Advanced)

このプラグインは管理画面のエディター拡張ツールです。
クラシックエディターとブロックエディターに対応中ですね。

例えばフォントサイズとか、その他細かい設定が出来てしまうのですね。
必須プラグインでしょう。

Advanced Editor Tools (previously TinyMCE Advanced)

 

Akismet Anti-Spam (アンチスパム)

こちらは記事のスパムコメントを自動削除している安心プラグインです。
APIキーを取得することで有効にできます。

こちらはデフォルトでインストールされています。

Akismet Spam Protection (Akismet スパム保護)

 

All in One SEO

このプラグインも必須の1つです。
SEOのメタ設定、SNSのOGPの設定、XMLサイトマップの設定など、これ1つで完結してしまうんです。
アナリティクスやSearch Consoleとの連動も可能です。

万能プラグインと言ってもいいでしょうね。

All in One SEO – Best WordPress SEO Plugin – Easily Improve Your SEO Rankings

 

Aurora Heatmap

これはおすすめのヒートマップツールです。
ヒートマップツールとは、サイトのクリックされた箇所がわかる機能。
登録不要でクリック分析などに使えます。

Aurora Heatmap

 

Broken Link Checker

このプラグインは記事内に貼った外部リンクがリンク切れを起こした際にお知らせしてくれるお助けプラグインです。
管理画面で上のようにどの記事のどこのリンクが切れてているのか教えてくれます。

しかも、設定しているメールでもお知らせしてくれますので助かります。

Broken Link Checker

 

Category Order and Taxonomy Terms Order

このプラグインはカテゴリーの順番を変更できるプラグインです。
標準機能ではカテゴリー順を変更できため、役立つプラグインですね。

Category Order and Taxonomy Terms Order

 

Classic Editor

これは旧編集エディターにしてくれるプラグインです。
クラシックエディタ (Classic Editor)が前のエディターで、グーテンベルグ (Gutenberg)が新しいブロックエディタと呼ばれるものですね。

個人的にはずっとクラシックエディターを使ってきて使いやすいので、こちらを入れています。
まあ、ブロックエディタでもいいっちゃいいんですけどね。

Classic Editor

 

Contact Form 7

こちらは簡単にお問い合わせフォームが作れてしまうプラグインです。
自動返信メールやサンクスページの内容なども調整可能です。

Contact Form 7

 

EWWW Image Optimizer

こちらのプラグインは画像をアップする際に自動でサイズ圧縮してくれ、また既にアップしている画像も一括で圧縮が可能なプラグインです。

画像を劣化させることはないので安心。

画像が重いと表示速度が遅くなるので、こちらを入れておきましょう。

EWWW Image Optimizer

 

Header and Footer Scripts

こちらはテーマファイルを編集せずにheadタグとfooterタグ内に、コードを入れることができるプラグインです。

テーマファイルなどのソースコードを触るのが心配な方にはおすすめです。

Insert Headers and Footers by WPBeginner

 

Jetpack by WordPress.com

このプラグインはリアルタイムでのアクセス解析や、サイトの高速化、パブリサイズ接続(ブログ投稿で自動でSNS投稿)などが可能です。

Jetpack – WP セキュリティ、バックアップ、高速化、成長

 

miniOrange 2 Factor Authentication

2段階認証を行ってくれるプラグインです。

Google Authenticator – WordPress Two Factor Authentication (2FA , MFA)

 

SiteGuard WP Plugin

 

SiteGuard WP Plugin

 

PuSHPress

 

PuSHPress

 

Pz-LinkCard

 

Pz-LinkCard

 

Really Simple CAPTCHA

 

Really Simple CAPTCHA

 

Rinker

 

https://oyakosodate.com/rinker/

 

Search Regex

 

Search Regex

 

Simple Local Avatars

 

Simple Local Avatars

 

Speech bubble (ふきだしプラグイン)

 

https://wordpress.org/support/plugin/speech-bubble/

 

SyntaxHighlighter Evolved

 

SyntaxHighlighter Evolved

 

Table of Contents Plus

 

Table of Contents Plus

 

UpdraftPlus – バックアップ/復元

 

UpdraftPlus WordPress Backup Plugin

 

WordPress Ping Optimizer

 

WordPress Ping Optimizer

 

WordPress Popular Posts

このプラグインはアクセスが多い人気記事をランキング形式で表示してくれるプラグインです。

「よく読まれている記事」というのがサイドバーで見かけたことはありませんか?まさにあれがそうです。

そうすることでブログの回遊率・滞在時間のアップや、離脱率を低くすることに繋がります。

WordPress Popular Posts

 

WP Mail SMTP

ワードプレスでよくあるあるなのですが、お問い合わせフォーム(Contact Form7)に送信されるメールがお問い合わせに届いていないとか、迷惑メールに入っていたなんていうことが問題として多いです。

そこでこのプラグインを使うと、SMTPサーバー経由でメールを送信することが可能になります。

その結果、100%ではないですが、迷惑メールになることは少なくなり、問題なくメール送信することが可能になります。

WP Mail SMTP by WPForms

 

WP Multibyte Patch

このプラグインは文字化けに有効なプラグインです。

文字認識のエラーをとってくれるプラグインだと覚えておきましょう。

例えば、ファイル名日本語だったら自動リネームしてくれたり(ファイルのサニタイズ [ Sanitize ])、検索時の全角を半角認識してくれたり、投稿一覧表示文字数制限など文字周りの調整をしてくれます。

WP Multibyte Patch

 

WP-CopyProtect [Protect your blog posts]

このプラグインはコピペ防止用のプラグインです。

入れているとユーザーは記事画面で右クリックが出来ません。

結果的に、記事のコピペ防止に繋がり盗用防止対策になります。

https://wordpress.org/support/plugin/wp-copyprotect/

 

Yoast Duplicate Post

このプラグインは既に投稿している記事を複製出来るプラグインになります。

似たようなフォーマットの記事をコピペしたい時などに利用可能です。

Yoast Duplicate Post

 

ワードプレスの参考本もいくつかご紹介しておきます

合わせてご参照下さい。

 







この記事をSNSでシェアするには以下リンクから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA