バックパッカーズバイブル: ~世界を旅する前に読んでおきたい52の話~ (ジュタカ出版) Kindle版

【簡単】ストーク(stork19)の子テーマの設定方法について

【簡単】ストーク(stork19)の子テーマの設定方法

ブロガーのWordPressテーマ「OPENCAGE」Stork19について

有名なWordPressテーマの中に「OPENCAGE」というブランドがあります。

ブロガー専用WordPressテーマ「OPENCAGE」

このオープンケージは「誰もが簡単に美しいデザインのサイトを」をテーマにデザイン性に優れたテーマを提供しています。このブランドはいくつかテーマを提供しており、どのテーマもモバイルファーストでつくられており、とても美しいデザインです。

この中でもブロックエディタに対応されている最新のWordPressテーマ「ストーク19」というのがおすすめです。

STORK19

ちなみに本ブログもオープンケージの「ストーク19」というテーマをブログ立ち上げ時から使っています。

【注意点】「親テーマ」は編集しないで!「子テーマ」を編集しましょう

私がずっとやってしまった間違いとしては「親テーマ」を編集して使ってきたことです。

結論としては、これは失敗でした。

理由としましては、親テーマを編集すると、テーマをアップデートをかけた際に、上書きされてしまって、せっかくカスタマイズ設定した親テーマもデフォルトに戻ってしまい、また設定し直さなければいけないという状況になりかねません

ではどうすればいいかといえば、親テーマと同時に子テーマをアップし、この子テーマを編集するようにすれば、アップデートの際に親テーマを更新しても子テーマは影響を受けないというわけですね。

そのため、テーマを編集する際には、子テーマを編集することがWPでは推奨されています。

「子テーマ」を使うための手順

※親テーマをWPにアップロードしているという前提です。

  1. 公式サイトから配布されているので、該当の「子テーマ(jstork19_custom.zip)」をダウンロードしましょう。
  2. ダウンロードしたファイルを「外観>テーマ」からWPへアップロードしましょう。
  3. 子テーマを「有効化」※もちろん親テーマはアップしていないといけません。
  4. 子テーマを編集しましょう。

この流れです。

このオープンケージには公式サイトに子テーマがありますが、テーマによっては親テーマしかないテーマもあるので、そういう場合には子テーマを自分で作ることも可能。そういう方はこのサイトを参考にしてみましょう。https://lifool.com/wordpress-child/

▼子テーマは公式サイトからダウンロードが可能です。

まとめ

ブロガーのWordPressテーマ「OPENCAGE」Stork19の子テーマの設定方法について説明してきました。もし自分が親テーマを編集してしまっているな、と思ったらぜひこの機会に子テーマ編集に切り替えてみてください。







いつもシェアいただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUT US
Jutaka運営者
タイ(バンコク・パタヤ)旅行&海外旅行&アジア生活が生きがい。18歳に初海外で濠洲→2007年ムエタイで初訪タイ→卒業旅行で3週間米国に初一人旅→ベンチャーに数年勤務→退職→世界一周1年32カ国→帰国→アジアに駐在員→現地会社経営※現在。アラサー。現在38カ国訪問。電子書籍随時。引退後はパタヤ移住が目標。