旅する女子は旅作家の小林希さんをチェックするのがおすすめ

旅する女子は旅作家の小林希さんをチェックするのがおすすめ

小林希

小林希さんという旅作家さんのご紹介です。
数々のメディアや雑誌でご活躍されており、旅する女性「旅作家」さんです。

小林希さんのプロフィール

 

小林希(こばやし・のぞみ)1982年東京都出身。立教大学文学部心理学科卒業。写真部に所属。大学在学中から海外をバックパッカーとして旅をする。2005年サイバーエージェント入社。子会社のアメーバブックス新社に出向し、多数の書籍編集をした後、2011年末に退社。その日の夜から一眼レフを相棒に旅に出る。1年後帰国して、その旅を綴った『恋する旅女、世界をゆくーー29歳、会社を辞めて旅に出た』(幻冬舎)で作家デビュー。これまで海外65カ国、日本の離島を90島めぐる。旅、猫、島などをテーマに執筆活動をする傍ら、写真家活動も。また、2014年に瀬戸内海の離島「讃岐広島」で、古民家を宿として再生する島プロジェクトを立ち上げ、「ゲストハウスひるねこ」をオープン。それ以降、日本の島々と東京、海外へと行き来する生活となる。島にかんするトークイベントなども積極的に行なう。著書に『女ふたり、台湾行ってきた。』(ダイヤモンド社)、『世界の美しい街の美しいネコ』、『日本の猫宿』(ともにエクスナレッジ)、『泣きたくなる旅の日は、世界が美しい』、『週末島旅』(ともに幻冬舎)、『週末海外』(ワニブックス)など多数。雑誌『Oggi』(小学館)、『デジタルカメラマガジン』(インプレス)にて連載中。『文芸ラジオ』(藝術学舎)にて短編小説「シエル」寄稿。2017年4〜5月に毎週放送されたBSフジ『小林希 世界の猫宿』のDVD発売中。

29歳の時に新卒から7年勤めた出版社(元編集者)を辞めて、世界一人旅に出られています。
そして、一年後帰国して綴ったこちらの本で作家デビュー。

世界50カ国旅しながら執筆活動をされているようです。
サイトのほうは大きな写真と文章で綴られた記事がメインになっています。
写真も非常に綺麗に撮影されており写真だけでも引き込まれそうな記事が多い。
プロフィールを見ると写真家としても活動されているようです。

そして、世界が美しい前に小林希さんご自身が非常にお美しい方です。(まさに才色兼備。)
多くのファンがいらっしゃるでしょう。

旅行作家としてのキャリアを歩まれている背景には、元編集者というご経験が活かされているのではないでしょうか。
旅の経験をコンテンツにして商業出版(ビジネスにする)というのは私の(以前に)目指していたような生き方をされているということもあり、非常に興味深く今回記事とされていただきました。
いつの日にかご本人様に取材してみたいですね。

世界を旅する女性であれば一度はチェックしておくべき書籍かと思います。

また、 ヤフーニュースでも取り上げられているのでこちらもあわせて読むといいかもしれません。

[blogcard url=”http://bylines.news.yahoo.co.jp/tanakahisakatsu/20160423-00056942/”]






この記事をSNSでシェアするには以下リンクから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA