国内ユニクロCEOの赤井田真希氏の言葉が心に響く

赤井田真希氏とは?

ユニクロの女性初の日本事業のCEO。
2019年6月(今月)就任。
大抜擢だったそうです。

赤井田真希氏の実績

就職氷河期の2001年に新卒で入社。
会社選びは自分が成長を続けられる可能性がある会社という基準で選んだそうです。
同期400人の中、半年で店長に昇進。
店長になったのはわずか10人弱ということ。
北海道・東京・銀座の大型店舗で勤務後、上海の店長に赴任。
帰国後は吉祥寺店で店長。
半年で店長になり、その後には国内と海外での実績を積まれたようです。

地域密着型の経営手法

地域密着型の個店経営に力を入れられたそうです。
学生の指導に注力。

講演での言葉

「99%の敗北と1%の勝利」

という言葉を使われているようです。
これは柳井氏の著書『一勝九敗』とリンクする言葉です。
多くの失敗の先に成功がある。
99回の失敗の先に1回の成功が生まれるとも言い換えることが出来ます。

負けず嫌いであるということ

とても負けず嫌いな性格だそうです。
新卒で入社後は働きながら店舗と自宅で猛勉強をしたとか。
実績を出すためにはあらゆるものを犠牲にして取り組める姿勢が大事だ。

出典:藤村女子中学・高等学校「キャリア教育講演会」

出典:日本経済新聞 日曜版 2019年6月23日「この人」

出典:ユニクロ日本事業CEOに赤井田氏 初の女性トップ:朝日新聞デジタル







この記事をSNSでシェアするには以下リンクから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ジュタカ

海外駐在員として、アジアで働いております。当ブログでは、「世界」をテーマに仕事や旅行情報を個人の体験談を交えながら発信しております。また、「タイ」と「ボクシング」が好きでこの分野の情報も多いです。

【趣味】ボクシング、旅行
【好きな国】タイ、香港・澳門

詳細プロフィールはこちらから