【新卒】の社会人が読むべきおすすめの本8選

三井住友ANAワイドゴールドカードの還元率について

三井住友ANAワイドゴールドカードの還元率

三井住友ANAワイドゴールドカードはクレジットカードのポイントからマイルへの交換レートが高いカードとして有名ですが、ポイント還元率は以下となります。

ANAワイドゴールドカードの還元率
  • 還元率:0.5%>理由:200円で「1Vポイント」が付与される
  • 1ポイント=「1円」計算

例えば、10,000円の買い物をした場合には、50ポイントが付与(10,000円×0.5%)されるかたちですね。

Vポイントとは?:買物利用でもらえるポイント。貯めるとマイル交換・お買物・支払い金額へ充当・景品交換・他社ポイントへ移行に利用可能。
https://www.smbc-card.com/mem/wp/about_vp.jsp

「キャッシングリボ」や「海外キャッシュサービス」や「年会費」はVポイントは貯まらないので注意です。
https://www.smbc-card.com/mem/wp/about_vp.jsp

還元率のおすすめサイト:いまさら聞けない「還元率」の計算方法は?200円で1ポイントなら何%?クレジットカードで損をしないために要チェック!

三井住友ANAワイドゴールドカードの特徴

三井住友ANAワイドゴールドカードの特徴
  • 年会費:15,400円(税込)
  • WEB明細利用:翌年度以降年会費が最大 1,100円(税込)割引
  • 付与:海外旅行保険(最高5,000万円)
  • 追加:ETCカード・家族カード
  • 貯まったVポイントはマイルに交換可能
  • キャッシュバック可能:1ポイント=1円でクレジットカードのお支払い金額に充当

VポイントからANAマイルへの交換すると?

VポイントからANAマイルへの交換
  • VポイントからANAマイルへの交換レート:1ポイント=「2マイル」
  • 移行手数料:無料
  • 移行方式:応募方式・自動移行方式
  • ANAマイルは36ヶ月(ANAマイルは3年間有効)なので気をつけましょう※失敗談は以下記載しています。

マイルについてのお得なマメ知識

マイルについてのお得なマメ知識
  1. マイルは交換する商品によって値段が異なるので一概に「1マイル=いくら」というのは導き出せない。
  2. しかし、唯一言えるのは、マイルは航空券にするのが一番お得
  3. 1マイル>国際線のANAの運賃>5円から6円相当

▼1マイルはいくらの価値がある?ANAとJALのマイルの価値を検証https://manekai.ameba.jp/creditcard/mileage/value/

どれだけポイントとマイルが貯まるかシュミレーション

では実際にマイルがどのくらい貯まるかシュミレーションしてみましょう。

毎月50,000分利用の場合

毎月50,000円を三井住友ANAワイドゴールドカードで決済した場合。
年間に貯められるポイントは、3,000Vポイント。約3,000円分に相当。
さらにマイルに交換すれば6,000マイルになる。

毎月100,000分利用の場合

毎月100,000円を三井住友ANAワイドゴールドカードで決済した場合。
年間に貯められるポイントは、6,000Vポイント。約6,000円分に相当。
さらにマイルに交換すれば12,000マイルになる。

私の場合、去年2021年のクレジットカード利用は年間約629,936円(約52,495円/月)でした。なので、ずっと三井住友ANAワイドゴールドカードのみ使った場合は、年間に貯まるポイントは「3,150 Vポイント」となります。さらにマイルに交換で「6,299マイル」貯められることになります。マイルでANA国際線の航空券にするなら約「1マイル×5円」と考えて3万円弱と考えれば、国際線を頻繁に利用する際には絶対このカードを利用した良いですよね。もし航空券にしなくても、ANAではホテルやショッピングなどにも交換可能。その際には1マイル=5円とはならず(当たり前ですが)1マイル1円とか1P0.8円とか変わってくる感じかと思います。https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/reference/tukau/

私の失敗談「マイル有効期限に気づかなかった件」

タイトル通りなのですが、コロナになってから国際線もほとんど利用していなかったということもあるんですが、久しぶりにマイルをチェックしてみたんです。

あれ?そこに「直近3ヶ月のマイル有効期限」とあり、〜月末〜ポイント、〜月末〜ポイントと記載があります。ANAマイルの有効期限は3年なのですが、それに気づかなかった失敗です。

結局調べたところ、4ヶ月分のマイル失効に気づいていませんでした

結果、4ヶ月分で約5,640マイル(約5千円相当)の損失だったかたちです。(※マイルなら2.5万円分くらい)勿体ない勿体ないという感じでした。だって、マイルを貯めるために三井住友ANAワイドゴールドカードを使っているわけですからねw

調べた時点での残りが「35,276マイル(約3年4ヶ月で貯まっていたマイル)」で、三井住友ANAワイドゴールドカードは2018/11/05から利用であったので、その時点で2022/3/9なので「3年4ヶ月+5日」>4ヶ月+5日分が有効期限切れです。結局、「35,276マイル」分は即ANAグローバルホテルで利用しました。利用後は残りマイルが576マイルになり、期限を確認すると、「2025/02月末」までとなっていました。まだあと当分は有効期限は大丈夫そうです。

自動的にマイルが有効期限で減っていくよりは他のサービスで利用した方が全然マシですね。コロナ中は便利用が減るとこういうことがあるのでこの点は注意ですね。定期的にANAのマイル確認はしておくべきという話でした。

まとめ

  • 還元率:0.5%>理由:200円で「1Vポイント」が付与される
  • 1ポイント=「1円」計算
  • VポイントからANAマイルへの交換レート:1ポイント=「2マイル」
  • ANAマイルは36ヶ月(ANAマイルは3年間有効)なので気をつける
  • Vポイントは「キャッシングリボ」や「海外キャッシュサービス」ではVポイントは貯まらないので注意
  • マイルは航空券にするのが一番お得。1マイル>国際線のANAの運賃>5円から6円相当
  • マイルに交換できなくても、ANAサイトのホテルやショッピングでも利用可能
  • ANAのマイルサイトのマイル有効期限は定期的に確認しておきましょう。







いつもシェアいただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA