【新卒】の社会人が読むべきおすすめの本8選

【会計】簿記とは一体何か?<簡単>

簿記とは一体何か?

簿記とは、

帳簿記入」の略語で、企業の経営活動を一定のルールでまとめて整理し、帳簿に記入すること。

です。

すごくシンプルですよね。

簿記でやることは「帳簿」に記入し「報告書を作成」

簿記ではやることはとてもシンプルで、

  1. 企業の経営活動
  2. 帳簿に記入を行う
  3. 財務諸表(貸借対照表/損益計算書)を作成
  4. 利害関係者(株主や銀行や取引先)にその内容を報告書で報告

以上となります。

主に会計は2種類

  • 財務会計:外部の利害関係者(株主や銀行や取引先)に報告
  • 管理会計:社内の内部に報告し検討を行う

の2種類です。

まとめ

  • 簿記とは、「帳簿記入」の略語で、企業の経営活動を一定のルールでまとめて整理し、帳簿に記入すること。
  • 簿記の流れは、企業の経営活動→帳簿に記入を行う財務諸表(貸借対照表/損益計算書)を作成→利害関係者(株主や銀行や取引先)にその内容を報告書で報告
  • 会計には外部向けの「財務会計」と社内向けの「管理会計」がある。

参考書籍:日商簿記3級課程 商業簿記 テキスト

大原の簿記テキストはおすすめです。







いつもシェアいただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA